きものやまと

instagram
facebook
twitter

きものさんちと共に、文化と伝統を受け継ぎ、新しい暮らしに寄り添うきものを提案してきた創業100年のきもの専門店「きものやまと」。気軽なお出かけ着から、さんちの手仕事を感じる上質なきものまで、専門スタッフがご紹介いたします。また、人生の節目を彩る振袖や七五三などのお祝いのきものや、着付や撮影、お手入れなど豊富なサービスもご用意しています。お客様の日々ときものがいい出会いとなるよう、心を込めてお手伝いいたします。

ピックアップ

天然色のラブレター やまとミンサー帯
2022SS ゆかた・夏きもの
2022SS 春の木綿
あまり布小物
肌にふわりとここちよい有松鳴海絞り
やまとのクリーニング
きものやまと 加賀友禅
やまと可憐特集
結城紬
シルクウールの着物
きものやまと 振袖
ワンタッチ帯加工

セール・フェア開催情報

鏡の中の、大人びた自分と目が合う。
シャッターを押す父を前に
背筋がしゃんと伸びた、7歳の記憶。

誰ともかぶらない柄を選んだ。
誰かと同じ未来は歩くもんか。
晴々とした冬空と、20歳のあの日。

待ち合わせ。私に気づかぬあの人に、
思わず大声で手を振る。
背伸びして選んだ紺の浴衣の満足と、
見上げた花火で少し首が凝った、24歳の夏。

久々に取り出した、成人式の振袖。
迷って、戸惑って、大人になった実感など持てぬまま、
同僚の結婚式で拍手を送る、20代最後の春。

本日は晴天なり。晴天なり。
鏡に向かう私に、「そろそろですよ」と声がかかる。
支えたり、支えられたりしながら、
頼りないふたり同士で歩いてゆくんだ。
帯を直す母の真剣な目つきに思わず笑ってしまった、
今日、旅立ちの日。

年齢とか体重とか時代とか。
きもの は、数字を軽々と飛び越える。
22歳が着る。78歳が着る。
さまざまな体型の人が着る。
その時、その人が持つ力をぞんぶんに引き出し、ピカっと光を当てる。
それが、きものという衣服。
100年前に作られたものをはるか未来の人が着ても、
ちっとも違和感を感じさせない。
年齢ごとに出会い方があり、いつ出会っても新鮮がある。
そんな底力を持つのが、きものという衣服。
きっかけや覚悟だったり、はじめの一歩や挑戦だったり。
あなたの日々ときものが、いい出会いとなりますように。
ぜひ、私たちにお手伝いさせてください。

それは、一生に寄りそう衣服である。
それは、幸福にかかわる仕事である。

様々な情報を発信。きものやまと の公式SNSをフォロー

\ FOLLOW ME /