愛を着る。

その一反が生まれるまでに、
たくさんの人の手を介した。
膨大な時間が流れた。

蓄積された技術と途方もない熱意が、
そこにはあった。

けれど、ひとたび袖を通せば、
柔らかく、気軽で、肩肘張らない。

歩きやすく、扱いやすく、
それでいて、ゆたかな品に満ちる。

厳しさと優しさという
両極を持つ、きもの。

大島紬を着る。
それは、愛を着るということなんだ。

奄美市・龍郷町・本場奄美大島紬協同組合後援
愛を着る。本場奄美大島紬展

同時開催:やまとオリジナル本場大島紬展

九州から南西約380km、沖縄とのほぼ中間地点に浮かぶ奄美大島。豊かな自然と独自の文化が息づく南の島より、憧れの「本場大島紬」が、作り手の想いと共に届きました。年々生産点数も減少し、なかなか目にする機会も少なくなりつつある大島紬。今回の「愛を着る。本場奄美大島紬展」開催に際し、奄美市・龍郷町・本場奄美大島紬協同組合様より後援いただきました。さんちとの強いネットワークを持つ「やまとだからこそ」のラインナップを是非ご覧ください。

Topics

大島紬を織る人 ( 織工さん ) の話

本場大島紬は一人の織工さんが、1反13メートルを最初から最後まで織って完成させます。柄によっては1 日に数センチしか織れないこともある根気のいる手仕事です。実は、奄美大島には、島内に大島紬の織を学べる学校があります。織るのに必要な技術力や仲間と出会える、唯一無二の学校です。今回のオンラインストアの大島紬たちも学校の卒業生が織り上げた商品もあります。今年も2021年7月7日の七夕の日に無事、入校式が行われました。

ここが大好き大島紬

とにかく軽い!

年代問わず一生着られる!

作り手のぬくもりを感じる。

大島特有の黒が好き♪

フィット感のある着心地が好き。

衣擦れの音が心地よい♪

上質な日常を与えてくれるわたしの特別な着物!

大島紬のさんち

島独自の「泥染め」

泥染めに魅せられて

複雑な工程をいくつも経て、一貫して手作業で作られる大島紬。中でも象徴的なのは、自然の中で染められる「泥染め」です。島に自生している「テーチ木」と呼ばれる車輪梅の幹を砕き、煮出した汁で染めを施します。そうして茶色に染められた絣むしろを、泥田に入れてもみ込むと、テーチ木に含まれるタンニンと、泥の鉄分が結びつき、化学反応で色が黒く変化していきます。

自然が産んだ奇跡の染め

奄美の泥は粒子が細かいのが特徴です。そのため絹糸の中に鉄分が入り込みやすく、綺麗な黒色に染めることができます。古代地層でもあるこの泥は、奄美に数多く自生する蘇鉄の影響で鉄分が多く含まれており、泥染めに適した土質になっています。泥染めによって作られる大島紬は、まさに奄美大島の自然が作り出したものと言えるでしょう。

染めにレシピはない…。熟練の手技

テーチ木染めと泥染め、川で水洗いする作業を何度も繰り返すことで、美しい光沢と深みのある黒色に変化します。材料に使うテーチ木は、採取する場所や季節によって色の出方が違い、泥田の状態も日々変化します。環境が変化する中で大島紬を作るためには、職人の勘が頼り。長年の経験で、日によって染める時間を変えるなど、細かな調整を行います。その丁寧な仕事ぶりに込められた想いが、織工さん、そして着る人へとつながっていきます。

美しく精緻な「織り」

世界に誇る精緻な織り

世界でも類を見ないほど、複雑で細かな絣模様は、大島紬の魅力の一つです。泥染めをして黒く染まった絣むしろを解くと、木綿糸で防染した箇所が白く残り、この白い部分が絣模様を生み出します。

大島紬が織られるのは高機と呼ばれる織機です。たて糸とよこ糸を交互に織っていく「平織り」という技法が使われており、織り上がった反物は、表から見ても裏から見ても同じ模様が浮き上がります。たて糸が多く使われるほど絣の密度は高まり、柄も、より精緻なものとなっていきます。そのたて糸とよこ糸の絣を合わせて織り上げる仕事が織工さんの役割です。

トン トン トン

機織部屋からはトン トン トン と、心地よい音がリズム良く響き、織り手の真剣なまなざしと共に、じっくりゆっくりと柄が作られていきます。少しずつ織り進めながら、自分の指先と針を使い、微妙なズレを調整し、たて糸とよこ糸の絣を合わせていきます。ベテランの織り手でも1ヶ月から、ものによっては半年以上もかかる大変な作業です。織り手は着る人のことを考え、細かな部分にまで目を光らせながら、根気よく機を動かしていきます。

奄美市・龍郷町・本場奄美大島紬協同組合後援
愛を着る。本場奄美大島紬展

同時開催:やまとオリジナル本場大島紬展

商品ラインナップ例

本場奄美大島紬 泥藍

本場奄美大島紬
泥藍 朝露芭蕉

438,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め ブーゲンビリア

240,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥藍

本場奄美大島紬
泥藍 道引龍郷

449,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥藍

本場奄美大島紬
泥藍 菊唐草

449,900円(税込)

本場奄美大島紬 芭蕉草木染め

本場奄美大島紬
芭蕉草木染め 花花

482,900円(税込)

本場奄美大島紬 白

本場奄美大島紬
白 スクエア

416,900円(税込)

本場奄美大島紬 真綿無地 広幅・長尺 えんじ色

本場奄美大島紬 真綿無地
広幅・長尺 えんじ色

262,900円(税込)

本場奄美大島紬 格子 白黒

本場奄美大島紬
格子 白黒

449,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め トライアングル

537,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め A to Z

372,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め 黒猫

350,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め 二筋市松

328,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め 大芭蕉

504,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め 松竹梅

504,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め

284,900円(税込)

本場奄美大島紬 泥染め

本場奄美大島紬
泥染め 大龍郷

328,900円(税込)

限定企画

<やまとオンラインストア限定>

期中ご購入で、お好きな「プレミアム柄八掛(正絹の裏地)」が選べます。

プレミアム “柄” 八掛(全4種)

※追加料金なしで、こちらにアップグレードできます。

<奄美のクロウサギ>

奄美大島に生息する国の天然記念物「アマミノクロウサギ」を配しました。

<海岸飛行>

貝殻とあぶくをモチーフにした南国ムード溢れるオシャレな裏地です。

<夜コウモリ>

蝙蝠の蝠の字が福と同音であることより慶事・幸運の印とされています。

<ビロウ葉々>

ヤシ科の植物であるビロウが生い茂る様をモチーフにしました。

正絹 “無地” 八掛(全23種)

etc.

正絹 “ぼかし” 八掛(全21種)

etc.

商品詳細や、コーディネート相談等
オンライン接客 承ります。

当店では、専任コンシェルジュとオンラインによる対面接客を承っております。ご希望の際は、以下より、オンライン接客のご予約をお願いします。

また、当社コンシェルジュだけでなく、「産地の織元」さんともオンラインでお話しをご希望いただくことも可能です。是非お気軽にご利用くださいませ。

大島紬の魅力をお届け
インスタライブのご案内

「愛を着る。本場奄美大島紬展」開催に際し、ラインナップご紹介・さんちのはなし・大島紬の魅力などをお届けする「インスタライブ」を実施いたします。

■2021年7月20日(火)19時30分~

■2021年7月28日(水)16時15分~

株式会社やまと 公式Instagramアカウントにて