おすすめ

七五三やお宮参りに想いを込めて お母様の着物

七五三は日本古来の伝統行事です。神社にお詣りする時には是非、着物をご着用されてはいかがでしょうか。 準備や身支度は確かに大変ですが、ハレの日の正装はお子様・ご家族にとって素晴らしい思い出となることでしょう。 きものの種類としては「訪問着」「付下げ訪問着」「色無地」などが適しているといわれます。 いずれも格式の高いきものですが、最近では合繊素材のリーズナブルなものもあります。また、子供の成長を願いを込めた謂れのある吉祥文様の柄を選ぶのも良いでしょう。定番の謂れ柄としては、円満・調和・ご縁などの願いが込められた「七宝柄」や、豊穣を意味し健やかな成長への願いを込めた「雪輪」などが挙げられます。

結婚式の着物

新郎新婦の母親や、近しいご親戚(既婚者)は第一礼装であり家紋が五つ入った「黒留袖」を着用します。未婚のご姉妹の場合は「振袖」をご着用されると良いでしょう。他、ご友人やご親戚・同僚で、結婚披露宴に参列する場合は「訪問着」や「付下」などの礼服がおすすめです。着物の色は、黒留袖と間違えられやすい黒地の着物や、花嫁のドレスで良く着用される白・赤などは避け、花嫁と被らないようにすると良いでしょう。また、訪問着・付下には、格調の高い「袋帯」を合わせます。袋帯は一般的に金系・銀系の帯が定番です。金系の帯には、金系の草履・バッグ、銀系の帯には、銀系の草履・バッグをコーディネートすると全体的にまとまった着姿になります。

京都で着物を楽しむ 古都散策へ

旅行先に着物を持っていく際、気になるのはバッグに入れた際の「シワ」ではないでしょうか。そんな方にはシワになりにくい「洗える着物」がおすすめです。また、軽い着心地の「紬」なども、古都の風情にぴったりですね。古都散策でたくさん歩く場合、硬くて重たい草履では疲れてしまいます。最近は疲れにくく、痛くなりにくい草履もありますので、そのような草履を選ばれると良いでしょう。また、旅先で簡単・時短・綺麗に結べる「ワンタッチ帯加工」をしておくと、着付けも楽でおすすめです。尚、紬や小紋・洗える着物には、「名古屋帯」や「半巾帯」をコーディネートします。

お茶席などお稽古に

茶道や華道などのお稽古ごとでは、長時間座っていてもシワが目立ちにくい化繊の「洗える着物」や、ベーシックでシンプルな「江戸小紋」、無地感の着物などに人気があります。お稽古などでご着用頻度が高い方には、簡単に結べて、見た目にも、つくり帯に見えない「ワンタッチ帯加工」がおすすめです。お手持ちの帯にハサミを入れず、ご身長に合わせた大きさでおつくりしています。尚、当店のおすすめアイテムは、一般的なTPO に基づいたものをセレクトしておりますが、お稽古ごとの場合、流派などによって色々と決まり事がある場合もございますので、そちらをご確認されますことをおすすめします。

お正月・初詣に着物で。

新しい年を迎え、着物に袖を通す…。それはある意味、儀式のような、背筋がしゃんとする瞬間。お正月・初詣に着る着物は、是非お気に入りの一枚を。青く澄み渡った空の下、新たな気持ちで着物で初詣。今年はきっと良いことに恵まれるという予感がしてきます。ちょっと格調高く「付下に袋帯」を合わせても良し、「紬」や「小紋」「木綿の着物」「洗える着物」「シルクウール の着物」などのカジュアル着物も最適です。また、寒い冬におすすめの、コート・ショールなどのアウターや、足元が暖かい「モコモコ草履」などの、あったか商品なども色々取り揃えています。防寒対策をしてお出かけしましょう。

入学式・卒園式などお母様の着物

入学式や卒園式などでお母様が着物をお召しになる際は、訪問着や付下が一般的です。季節的にも「桜柄」の着物などが人気です。ただし、主役はお子様ですので、柄が多く派手な訪問着は控えた方が良いでしょう。合わせる帯は「袋帯」ですが、結婚式の着物に合わせるような「金・銀」などの帯ではなく、色目の落ち着いた派手すぎない袋帯をコーディネートすると良いでしょう。帯締め・帯揚げは、着物の色と同系の濃淡で揃えることで、全体的にまとまって落ち着いた印象になります。お子様がご成長されて、「入学式や卒園式でお母さんが着物着てくれてたなぁ」なんて思い出してくれたら嬉しいですね。

化繊の「洗える着物」

ご自宅の洗濯機で洗えるポリエステル素材の「洗える着物」。すぐにお召しいただける仕立て上がりのプレタ着物、ご身長・ヒップサイズよりお仕立てするパターンオーダーの着物を揃えております。お食事会でちょっと汚しても安心、歌舞伎やコンサートなど、長時間座ってもシワになりずらいのも嬉しいポイント。古典柄の着物から、汎用性の高い無地感覚の着物、動物モチーフの個性的な着物や、幾何学模様のオシャレな柄の着物まで、様々な色柄の豊富なラインナップ。着物ビギナーから、お稽古で良くお召しになる着物ユーザーの方まで幅広い方々に大変人気の「洗える着物」です。

名古屋帯・袋名古屋帯・京袋帯

お気に入りのきものも、帯ひとつ変えるだけでガラッと印象が変わります。着物の世界では、「着物一枚に帯三本」などという言葉もあるように、帯はコーディネートの決め手です。名古屋帯は、袋帯の二重太鼓結びを簡略化し、一重でお太鼓が結べるよう大正時代に名古屋で考案されたことより、名古屋帯と呼ばれています。袋名古屋帯や京袋帯は、名古屋帯が一般的に手先から胴回りにかけて半分に仕立てられているのに対し、半分にかがられていない為、お好みで帯幅を調節でき、ご身長の高い方などにおすすめです。リーズナブルな合繊の帯から、産地物である、西陣織の帯・博多帯など専門店ならではの商品を幅広く取り揃えています。

アウター(羽織・コート)

人気のレース羽織から、洋装でもお使いいただけるコートなど他では見られないオリジナルアイテムをいろいろ取り揃えています。春先や秋の入りなどの季節の変わり目には、軽めのレース羽織やショールがあると重宝します。小さく畳んでバックに忍ばせておくにも適しています。また、本格的に寒い季節になってきたら、洋装でも使えるケープやコートで防寒対策をしっかりしてお出かけしましょう。

着付け小物

腰紐・伊達締め(マジックベルト)・帯板(前板)・帯枕・コーリンベルト・衿芯・肌着・裾除け等、着付けに必要なアイテムが勢揃い。定番のアイテムから、ブランドオリジナルのオシャレな着付け小物、また伸縮性があり着装感に優れたフィット腰紐・機能性素材を用いた快適インナーなどの便利アイテムなど色々取り揃えています。表からは見えませんが、見えない場所にもオシャレをすると気持ちが上がりますね。