季節のおすすめ

春のセレモニー(入学式・卒園式)におすすめの訪問着・付下げ

入学式や卒園式などでお母様が着物をお召しになる際は、訪問着や付下が一般的です。季節的にも「桜柄」の着物などが人気です。ただし、主役はお子様ですので、柄が多く派手な訪問着は控えた方が良いでしょう。合わせる帯は「袋帯」ですが、結婚式の着物に合わせるような「金・銀」などの帯ではなく、色目の落ち着いた派手すぎない袋帯をコーディネートすると良いでしょう。お子様がご成長されて、「入学式や卒園式でお母さんが着物着てくれてたなぁ」なんて思い出してくれたら嬉しいですね。

春のお出かけにおすすめの洗える小紋

春になり、街も少しづつ春色に染まるころ、お花見や観劇など、着物でのお出かけもワクワクしてきますね。そんなお出かけにおすすめなのが、イージーケアが嬉しい「洗える小紋」。すぐにお召しいただける仕立て上がりのプレタ着物、ご身長・ヒップサイズよりお仕立てするパターンオーダーの着物を揃えております。お食事会でちょっと汚しても安心、歌舞伎やコンサートなど、長時間座ってもシワになりずらいのも嬉しいポイント。古典柄の着物から、汎用性の高い無地感覚の着物、動物モチーフの個性的な着物や、幾何学模様のオシャレな柄の着物まで、様々な色柄の豊富なラインナップ。着物ビギナーから、お稽古で良くお召しになる着物ユーザーの方まで幅広い方々に大変人気の「洗える着物」です。

春におすすめの帯

春のお出かけには、やわらかい淡い色の帯が良く似合います。お気に入りのきものも、帯ひとつ変えるだけでガラッと印象が変わります。着物の世界では、「着物一枚に帯三本」などという言葉もあるように、帯はコーディネートの決め手です。白っぽい地色の帯ですと様々な色の着物に合わせやすく汎用性があります。また、お出かけするシーンによって合わせる帯は異なります。入学式・卒園式といったセレモニーには「袋帯」、ちょっとしたお出かけには「名古屋帯・半幅帯」など。リーズナブルな合繊の帯から、産地物である、西陣織の帯・博多帯など専門店ならではの商品を幅広く取り揃えています。

まだちょっと肌寒い春におすすめのアウター

「三寒四温」。まだまだ寒い日があったり暖かい日があったりと、季節の変わり目は洋服でも着るものに困りますよね。そんなときにあると便利なのが、羽織やショールといったアウター。人気のレース羽織から、洋装でもお使いいただけるコートなど他では見られないオリジナルアイテムをいろいろ取り揃えています。季節の変わり目には、軽めのレース羽織やショールがあると重宝します。小さく畳んでバックに忍ばせておくにも適しています。

春色の帯締め・帯揚げ

日本には、美しい四季があり、四季それぞれの色があります。そんな色を通して、季節の訪れを楽しむのも、日本人が古来より大切にしてきた美意識。梅の花がほころぶ早春、やわらかな風に暖かさを感じる春、桜舞い散る春、草木が萌える春、その季節の移ろいを、きもののコーディネートに取り入れるのも、きもの遊びの醍醐味です。今回は、「春」を感じられる美しい色の小物を中心にピックアップしました。